スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

販売する企業は生保

覚えておこう、バブル経済(世界各国で発生している)の意味は時価資産(不動産や株式など)が取引される金額がでたらめな投機により実体の経済成長を超過してなおも高騰を続け、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態のことである。
このため我が国の金融市場の競争力を高める為に進められた規制緩和のほか、金融システムの更なる質的向上の実現のための取組や活動等を促進する等、市場環境や規制環境の整備が常に進められているということ。
きちんと知っておきたい用語。バブル経済(わが国では平成3年まで)っていうのは不動産や株式などといった市場価格の動きが大きい資産の市場価格が過剰投機によって経済成長(実際の)を超過しても高騰し続け、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指す言葉。
BANK(バンク)について⇒banco(イタリア語で机、ベンチ)に由来する。ヨーロッパ一古い銀行⇒15世紀に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァで設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行といわれている。
知っておきたいタンス預金。物価上昇中は、物価が上昇した分お金の価値が下がるということである。たちまち生活になくてもよい資金であるなら、安全ならわずかでも金利が付く商品に変えた方がよい。
15年近く昔の西暦1998年12月、旧総理府の内部部局ではなく外局として国務大臣を組織のトップである委員長とした新しい組織である金融再生委員会を設置し、金融監督庁(のちに金融庁)は2001年の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管理下に約2年半置かれていたのだ。
金融庁が所管する保険業法の定めに基づき、保険を販売する企業は生保を扱う生命保険会社もしくは損保を扱う損害保険会社のどちらかであり、2つの会社とも免許(内閣総理大臣による)を受けた会社のほかは販売してはいけないと規制されている。
未来のためにも日本国内で営業中のほとんどの金融グループは、早くからグローバルな市場や取引にかかる金融規制等の強化も見据えつつ、財務力のの強化や企業同士の合併・統合等を含めた組織再編成などまでも積極的な取り組みが始まっています。
つまり安定という面で魅力的であり、精力的なこれまでにない金融市場や取引のシステムの構築を実現させるためには、どうしても銀行や証券会社などの民間金融機関、そして行政(政府)がそれぞれの抱える解決するべき問題に精力的に取り組んでいかなければいけません。
【用語】金融機関の格付け(評価)というものは、ムーディーズなどで知られる格付機関が金融機関、そして国債を発行している政府や、社債を発行している企業、それらの信用力(債務の支払能力など)を基準・数字を用いて評価しているのである。
2007年に誕生したゆうちょ銀行が提供しているサービスに関しては古くからの郵便貯金法によって定められた「郵便貯金」とは異なり、一般的な金融機関と同じ、銀行法の規定による「預貯金」を準拠した扱いのサービスということ。
FX⇒CFDの一種であり、外国の通貨をインターネットなどを利用して売買して利益を出す取引のこと。外貨取引の中でも外貨預金や外貨MMFにくらべると利回りが高く、さらに為替コストも安いのが魅力である。はじめたい人は証券会社やFX会社へどうぞ。
郵政民営化に伴い誕生したゆうちょ銀行によるサービスに関しては古くからの郵便貯金法に定められている「郵便貯金」は適用せず、銀行法(銀行に関して規定する法律である)の「預貯金」に準拠する商品である。
平成7年に全面改正された保険業法の定めに従い、いわゆる保険企業は生命保険会社または損害保険会社のどちらかになり、これらは内閣総理大臣による免許を受けた会社以外は経営できないとされています。
平成10年6月、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等の所掌する事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係る部分を分離することで、総理府(現内閣府)の外局、金融監督庁(現金融庁)が設置されたとい事情があるのだ。

JUGEMテーマ:気になること



スポンサーサイト